藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

カルメル山の遺跡、人類の進化を示す世界遺産!

旅行

カルメル山の遺跡、人類の進化を示す世界遺産!
  • 今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?
  • 指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

ムスティエ期にネアンデルタール人と現生人類が同時に生存していた!

50万年前の旧石器時代前期のアシュール文化から、終末期のナトゥーフ文化まで!

イスラエル北部ハイファ近郊に位置するスフール洞窟とタブーン洞窟は、現生人類の起源とネアンデルタール人の運命に関連するヒトの遺物と加工品の存在によって、人類の進化のどの概説でも採り上げられている。エル=ワド洞窟は、食糧生産と定住生活の初期段階の痕跡によって、世界的に知られている。ジャマル洞窟は木製・石製の家財道具や皮革製品なども含めて、中期旧石器時代の物質文化の傑出した証拠が発見された場所である。タブーン洞窟 (Tabun cave) は「炉の洞窟」の意味で、ナハル・メアロットの洞窟群では一番西に位置している。タブーンには約50万年前から約4万年前までの人類進化の痕跡が残されているが、その環境は時代ごとに大きく変わったと考えられており、海水面の上昇や下降に応じ、海岸線も近接したり遠ざかったりと変化し、食文化にも影響を及ぼした。また、スフール洞窟 (Skhul cave) は「子山羊の洞窟」の意味で、他の3つの洞窟から離れて、一番東に位置している。1932年にギャロッドが調査を始めたが、タブーンに比べると小規模だったため、当初はタブーンのついでに調査を行うとばかりに、大した成果は期待されていなかったが―。しかし、ここからは重要な発見がいくつかあったのである。そのスフール洞窟の地層は大きくA、B、Cに分類されているのです。このうち最も重要なのがB層で、ここから10体の人骨が発見された。それらはホモ・サピエンスの特色を備えており、あわせてムスチエ文化の石器が1万点以上出土した。それらの人骨のいくつかは、出土の状況から、明らかに埋葬の文化を持っていたことが推測されており、現在知られている中ではそうした文化の証拠としては最古の部類に属するのである。ナハル・メアロットの洞窟群の重要性は、1997年にクリストファー・ストリンガー(英語版)らがまとめたICOMOSのテーマ研究「世界遺産リスト登録の可能性のある人類化石遺跡群」として示されている。

人類のルーツへの旅③ ヒト属ホモ・エルガステル、ホモ・エレクトゥス

4代前にネアンデルタール人の親、初期人類で判明

3万7000〜4万2000年前、現在のルーマニアがある地域に暮らしていたある現生人類の男性に、わずか4世代前にネアンデルタール人の祖先がいた。つまりこのネアンデルタール人は、男性の高祖父か高祖母(祖父母の祖父母)だ。
現代人にネアンデルタール人の血――より正確に言えば、ネアンデルタール人のDNAの痕跡――が見られることは、少なくとも5年ほど前からわかっていた。ただし絶滅してしまったネアンデルタール人と、我々の祖先がいつどこで交わったのかはこれまで謎だった。だが先日、ネアンデルタール人のDNAがかつてないほど高い割合で含まれる現生人類の骨が見つかったという論文が、科学誌『ネイチャー』に発表された。(参考記事:「ネアンデルタール人 その絶滅の謎」)

出典 http://natgeo.nikkeibp.co.jp

―憧れで終わっていた海外旅行に格安で行ける時代―

家族・恋人・友人と海外旅行し、夢だった4つ星・5つ星ホテルやビーチリゾート満喫することがあなたの仕事へ

出典 http://worldventures-jp.biz

今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?
1
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?

タグ

月別アーカイブ

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう