憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

眠りから覚めた謎の人類とは!?

旅行

眠りから覚めた謎の人類とは!?
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

180万年前の人類最古の右利きの証拠を発見!

米国カンザス大学の人類学者であるデイビッド・フレイヤー氏らによって学術誌「Journal of Human Evolution」の11月号に発表された。

180万年前ホモ・ハビリスは、私たちが属するヒト属(ホモ属)の仲間で、240万年前から140万年前にアフリカの東部や南部に住んでいた初期人類だと考えられている。化石が見つかった場所のまわりからは、たくさんの石器も発見されているため、彼らは普段から石器を使っていたとされている。南アフリカ、ヨハネスブルクから北西に1時間ほど走り、草原地帯をドライブしていると、「人類のゆりかご」と呼ばれる世界遺産に行き着く。アカシアやクサギが点在する500平方キロメートル弱の広大な草地にこのような名前が付けられた理由は、主に地中に隠されている。石灰岩の岩盤を通る洞窟や陥落穴が作る迷路には、化石が大量に含まれているのです。それから南アフリカが初めて人類発祥の地として名乗りを上げたのは、今からおよそ100年前のことである。1924年、解剖学者レイモンド・ダートは、カラハリ砂漠の端、タウングにある採石場の管理者から送られた化石を含む石の中から、霊長類の子どもの頭蓋骨を発見した。脳は小さく、類人猿のような特徴もあったが、頭蓋骨の底にある脊髄が通る穴の位置から、この「タウング・チャイルド」はヒトと同じように直立歩行していたとダートは確信した。このあごの骨はまだ1例に過ぎない。しかし、こういった歯を調べれば、初期人類の脳について詳しく知ることができることを物語っています。現在、人間の約9割が右利きです。この偏りは、脳の2つの半球が異なる働きを分担しているためです。 興味深いのは、人間の脳の左半分が体の右半分を担当しているだけでなく、言語を操る中枢機能も受け持っているということです。そしてまた初期人類が手を使って何をしていたのかを調べるために、歯を分析するのはよくあるやり方です。そのことで、食料の塊や動物の皮などを口にくわえて利き手でない手のほうで引っ張り、利き手で石器を持って切ると、時おり歯を傷つけてしまうことが、現代の人間が行なった実験からわかっているのです。

人類発祥の地は東アフリカか、南アフリカか
新種ホモ・ナレディの発見で、「世紀の謎」をめぐる論争が再燃

南アフリカ、ヨハネスブルクから北西に1時間。草原地帯をドライブしていると、「人類のゆりかご」と呼ばれる世界遺産に行き着く。アカシアやクサギが点在する500平方キロメートル弱の広大な草地にこのような名前が付けられた理由は、主に地中に隠されている。石灰岩の岩盤を通る洞窟や陥落穴が作る迷路には、化石が大量に含まれているのだ。
2015年9月10日、その人類のゆりかごから、ホモ・ナレディと呼ばれる初期人類の新種が見つかったと発表された。化石の特徴から、私たちヒト属(ホモ属)の非常に初期のメンバーと考えられる。では、このなだらかな丘陵地は、本当に人類発祥の地なのだろうか? それとも、かの有名な二足歩行の猿人「ルーシー」が発見された東アフリカの荒野こそが、私たちのルーツなのだろうか?

出典 http://natgeo.nikkeibp.co.jp

―憧れで終わっていた海外旅行に格安で行ける時代―

家族・恋人・友人と海外旅行し、夢だった4つ星・5つ星ホテルやビーチリゾート満喫することがあなたの仕事へ

出典 http://worldventures-jp.biz

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

タグ

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!